リノベーションに迷った時の参考に!SCOMO が得意とするデザインをご紹介  

 


ご自宅や店舗をおしゃれにリノベーションしようとしても、なかなかいいデザインが思い浮かばないことはあるでしょう。そんな時は、SCOMO(スコモ)にデザインをお任せください。今回は、SCOMO が得意とするリノベーションスタイルについて紹介します。


■ニューヨーク・ブルックリンスタイル



ブルックリンはニューヨーク州にある 5 つの行政区の 1 つで、マンハッタン区とはイーストリバーを挟んで反対側に位置します。高級感のあるマンハッタンとは対照的に、倉庫や古いアパートが立ち並ぶ風景が特徴です。家賃の安さから、クリエイターや新進気鋭のアーティストなどが集まるようになり、手づくり感のあるアーティスティックな街として人気になりました。

デザイン上の特徴は、何といってもレンガでしょう。ニューヨークにはもともとレンガ造りのアパートメントが多く、その素材を活かしたスタイルが魅力です。アンティークレンガなどの古い素材をあえて使用し、無骨で素朴な雰囲気を出すことで、ヴィンテージ感あふれる居心地のいい空間に仕上がります。

また、古材や黒アイアンを使用したインテリアを合わせるのもおすすめ。ブラックやダークカラー、スモーキーカラーなど、明度を抑えたカラーリングで全体を統一すれば、素材の持ち味が際立った重厚感のある部屋ができ上がります。


■インダストリアルスタイル



インダストリアルとは「工業的な」という意味です。その名の通り、むき出しの鉄骨や配管、コンクリートを生かした無機質な雰囲気が特徴。シンプルかつスタイリッシュなのが最大の魅力で、ブルックリンスタイルと組み合わせて使われることもあります。工場の持つ独特な空気に憧れる方に向いているでしょう。


とはいえ、壁をコンクリート打ちっ放しに変えてしまうのは、なかなか勇気がいるものです。そこで、コンクリート調やタイル調の壁紙を使ってみましょう。現在のお部屋を、お手軽にインダストリアルな雰囲気にできます。


また、スチール製やステンレス製の家具など、素材の持ち味を生かしたインテリアを配するのもおすすめ。あえてサビ加工を施し、ヴィンテージ感を出してみるのもいいでしょう。冷たい雰囲気になりすぎるのを避けたい時は、観葉植物や木目調家具などを合わせると、温かみのある空間を演出できます。金属と木材、コンクリートのバランスが大切です。


東京都練馬区に拠点を構える SCOMO では、住まいや店舗、オフィスなどのリノベーションを手掛けています。設計からアフターフォローまでワンストップで対応できるため、お客様のご要望を自由に実現可能です。

ご自宅や店舗のリノベーションを検討中の方は、お気軽にご相談ください。


☑おすすめ施工事例

<まさにPlay ground‐自分らしくいれる空間‐>

玄関からリビングキッチンまでモルタル仕上げで、自転車で帰宅してそのまま靴を脱ぐことなくすごせるアメリカンスタイルの一室となりました。

詳しくはこちら→

https://scomo.jp/showcase/apartment/18



<SCOMO お問い合わせ>

https://scomo.jp/contact

TEL 03-6909-2858


下記サイトでも施工写真や詳細を記載しております。

ご興味がある方は是非ご覧ください。


〈リノベりす〉

https://renoverisu.jp/company/p/scomo/

〈SUVACO〉

https://suvaco.jp/profile/pKwobVu27jQaZg