中古マンション購入で失敗しない!購入前のチェックリスト

  New


こんにちは、東京都練馬区に拠点を置き、リノベーションの提案から設計・施工まで対応しております「SCOMO(スコモ)」です。


中古マンションを購入すると費用を抑えられるなど多くのメリットがある一方で、購入してから問題に気づくこともあります。中古マンション購入で失敗しないためにも、購入前にチェックをしてトラブルを未然に防ぎましょう。



■中古マンションのトラブル



中古マンションで考えられるトラブルは、「日当たりが悪い」「カビや雨漏りが発生した」といった部屋に関するものや「上の階からの騒音が激しい」「ご近所づきあいのトラブル」といった周辺住民によるものなど、さまざまな問題が考えられます。また、「リノベーションするつもりだったのに構造上できなかった」というケースもあるので、特にリノベーションをお考えの方は注意が必要です。



■中古マンション購入前のチェックリスト



では、中古マンションを購入する際にはどのような点に気を付ければよいのでしょうか。購入前にチェックすべき点を「内装」「外的要因」「建物の構造」の3つに分けてご説明します。



《内装をチェック》

マンションを見に行く際には、内装をしっかりと確認しましょう。


1:内壁や床

壁紙にシミがないか、天井付近に雨漏りの跡がないか、歩いてみて床鳴りがしないかなどを確認しておきましょう。その他細かな点まで違和感がないか注意して見ておくと安心です。


2:扉や窓

扉や窓を開け閉めしてみます。あちこちにひっかかりが出るようなら、建物が傾いている可能性が考えられます。


3:水回り

築年数20年以上のマンションだと給水管が鉄製の場合があり、内部が錆びていることがあります。水を流してみて、水の出が悪くないか確認しましょう。



《外的要因(近隣との関係や管理費)をチェック》

中古マンションは他の住民もすでに住んでいるため、問題があっても事前に把握できる可能性があります。


1:ゴミ置き場や自転車置き場

共有場所はそのマンションに住む人のマナーの良さがわかる場所です。ゴミが散乱していないか、自転車がきちんと並べられているか見ておきましょう。


2:掲示板

騒音への苦情などがあればエントランスの掲示板に注意書きが貼り出されたりするため、掲示板を見ることで何が問題になっているか把握できます。


3:管理費や修繕費

後で予想外の出費に後悔しないよう、管理費の値上げ予定や大規模修繕費の負担についても確認しておきましょう。



《建物の構造をチェック》

リノベーションを考えている場合は、建物の構造もしっかりと確認することが大切です。


1:外壁

ひび割れやタイルの剥がれがないか確認します。シミがあると内部で雨漏りしている可能性があり、カビの発生につながってしまうので注意が必要です。


2:耐震性

昭和56年に改正された「新耐震基準」の前に建てられたマンションは、耐震性に不安が残ることもあります。ただし耐震補強を行っている場合もありますので、不動産屋に確認してみましょう。


3:マンションの構造

マンションの構造によってはリノベーションに制限が出る場合もあります。希望しているリノベーションができる構造かどうか、必ずチェックしておきましょう。


■中古物件探しから専門家に相談を



物件が決まった後では、構造によってリノベーションのご希望に添えないこともあります。リノベーションの施工を行っている業者であれば、住宅設備や物件の構造についてのアドバイスが可能です。リノベーションを検討されている方は、物件探しから専門家に相談することをおすすめします。


リノベーションの施工を行うSCOMOにはFPや宅建などの資格を持つ者が在籍しており、専門知識をもとに幅広いご提案が可能です。リノベーションを希望して中古マンションを探されている方は、東京都練馬区に拠点を構えるSCOMOまでお気軽にお問い合わせください。


●SCOMOで手掛けたリノベーション事例はこちら!

https://scomo.jp/showcase


SUVACOでも事例を配信中、ロゴをクリックお願いします!


ブログランキング参加しています!

ロゴをポチッとお願いします!