リノベ済購入とオーダーリノベの違いは?それぞれの特徴を解説

 

こんにちは、練馬区のSCOMOです。

近年では、リノベーションの人気が高まっています。現在のお住まいはもちろんのこと、古民家や中古マンションなどを購入して、リノベーションしようと計画中の方も多いでしょう。ところで、リノベーションには「リノベ済購入」と「オーダーリノベ」の2種類があることをご存知でしょうか。ここでは、それぞれの特徴とメリット・デメリット、向いている人などの知識を紹介します。



■リノベ済購入とオーダーリノベとは?


リノベ済購入とオーダーリノベを使い分けるには、それぞれの特徴を理解する必要があります。まずは、2つのリノベーション方法の意味を知っておきましょう。


▼リノベ済購入

すでにリノベーションされている物件を購入することを指します。「買取再販」とも呼ばれ、不動産会社が中古物件を購入し、リノベーションを済ませてから販売に出すことがほとんどです。


▼オーダーリノベ

自分で物件を購入したあと、リノベーション会社に設計や施工を依頼する方法です。「請負リノベーション」とも呼ばれます。名前通り、「オーダーメイドのリノベーション」と考えていいでしょう。


おそらく、多くの人が想像する「リノベーション」は、オーダーリノベの方だと思われます。リノベ済購入という方法もあることを知っておけば、リノベーションの選択肢は大きく広がるでしょう。



■それぞれのメリットとデメリット


リノベ済購入とオーダーリノベには、それぞれメリットもあればデメリットもあります。自分に向いている方法を選択するためにも、ポイントを押さえておきましょう。


▼リノベ済購入

リノベ済購入は、すでにリノベーションが終わっているために、購入してすぐに住めるのが大きなメリットです。また、価格もオーダーリノベに比べて安い傾向にあります。リノベ済みの状態で売りに出す関係上、汎用性の高い仕様になっていることも多く、内装にこだわりがない人ならとても住みやすいでしょう。


その反面、自分の要望を反映させているわけではないことから、必ずしも好みやライフスタイルに合わないのがデメリットです。さらに、表層的なリノベーションに止まっていることも多く、内部の設備は古いままということもありえます。短期間で再び修繕が必要にならないよう、どこまでリノベーションしてあるのかを確認することが大切です。


▼オーダーリノベ

オーダーリノベは、自分の好みやライフスタイルを反映させた、世界にひとつだけの家を作れるのが最大のメリットです。外見はもちろん、間取りや設備も自由に決めることができます。細かい部分までこだわれば、理想的な住まいを手に入れられるでしょう。


一方、物件探しや業者との打ち合わせ、そして施工に大きな労力がかかるのがデメリットです。当然時間もかかるため、物件を見つけても数ヶ月先まで住むことはできません。さらに、リノベ済購入に比べて価格も高くなります。



■自分はどっち? リノベ済購入とオーダーリノベに向いている人


リノベ済購入とオーダーリノベは、好みやご家庭の事情に応じて使い分けることが重要です。以下を参考に、自分がどちらに向いているのか考えてみてください。


▼リノベ済購入に向いている人

工事にあまり時間やお金をかけたくない人は、最初から完成しているリノベ済物件の購入が向いています。デザインにあまりこだわりがなく、細かい部分まで考えるのが面倒な方も、リノベ済物件が適しているでしょう。急いで新居を探さなければならない時にもおすすめです。


▼オーダーリノベに向いている人

理想の住まいを追求する人には、オーダーリノベが1番です。間取り・設備・内装・インテリアなどへのこだわりが強く、ある程度の時間と予算をかけられるなら、オーダーリノベに挑戦してみるといいでしょう。特に、その家を終の住処とするつもりなら、老後の生活まで考慮して細部までこだわるのがおすすめです。



●SCOMOは「大好きな家族と共に過ごす空間を大切にしたい」

東京都練馬区のSCOMOは、リノベーションの専門会社です。東京都内にあらゆるデザインの中古物件を保有し、デザインから設計、施工までをワンストップで対応します。豊富な経験によって、お客様の理想の家作りを全力でサポートしますので、リノベーションをご検討中の方はお気軽にご相談ください。



▼SUVACOでも事例を配信中、ロゴをクリックお願いします!



ブログランキング参加しています!

ロゴをポチッとお願いします!