中古マンション購入の魅力とは?新築と比較してじっくり解説

 



こんにちは、東京都練馬区に拠点を置き、リノベーションの提案から設計・施工まで対応しております「SCOMO(スコモ)」です。

近年ますます中古マンションのリノベーション人気が高まるばかり。しかしなぜ、新築ではなく中古なのでしょう? 今回は、中古マンション購入のメリットをご紹介します。


駅近・面積など希望の条件にあった物件が割安で探せる



物件探しの際に、重きをおくポイントは人それぞれです。しかし大概の方が、予算・駅からのアクセスのよさ・広さといったことを基準に探されることでしょう。


中古マンションの第一のメリットとしては、通勤に便利な駅近で、スーパーや病院などもある暮らしやすいエリアを選んでも、新築に比べて価格が割安であることが挙げられます。もちろんエリアによって新築と中古の価格差にはばらつきがありますが、通勤のアクセスを少しでもよくしたい、共働きや子育てで便利なエリアに住みたいといったご家庭にとっては、断然中古物件のほうが、選択肢が広がります。


また面積についても同じ価格帯で新築と中古マンションを比較した場合、大半のケースで中古に軍配があがります。子どもをのびのび育てたい、あるいは子供部屋が必要なので面積にはゆとりが必要というのも、中古が選ばれる理由です。



かなえたいライフスタイルを実現できる中古物件



さらにライフスタイルやデザインにこだわりがある方は、自分が好きなように間取りをつくり変えることができるのも、中古マンションの魅力と言えるでしょう。新築マンションは不特定多数に向けて平均的に住みやすい間取りになっていますので、自分らしい暮らしをしたいと思う方にとっては、不自由に感じられることもあるでしょう。


新築を購入して間取りに不満をもつようになっても、購入時点で予算のすべてを使い果たしてしまい、間取りを変える余裕がないといったことが多々あります。しかし中古マンションならば、物件購入費用が安価に抑えられるため、リノベーションにより自分らしい住まいをつくりあげることが可能なのです。



中古マンションを購入する時のチェックポイント


中古マンションを購入する上では、エリアや面積に加えて、思い通りのリノベーションが可能かどうかを見極めるのも大切なポイント。新築と異なり事前に見学できますので、購入前にチェックできるのも、中古マンションのメリットの一つです。


マンションの構造によっては間取り変更が難しい場合もあったり、防音規定の関係から好みの床材が使えないといった制約もあるので、マンションの管理規約は必ず確認しておきましょう。

また修繕積立金の設定があまりにも安いと、修繕費の大幅な値上げがある可能性もあるので、長期修繕計画表や修繕積立金も確認しておくのがおすすめです。



提案・設計・施工、一貫して自社対応の会社がベスト



ベストな物件購入のためのコツは、見学時にリノベーション会社にいっしょに立ち会ってもらうこと。不動産業者はリノベーションのプロではないので、購入者がしたいリノベーションが可能かどうかは判断できません。


またローンを組む際には、物件の購入契約とローンの手続き、そしてリノベーション工事の見積もりの三つが並走します。そして物件の購入申し込みから売買契約までは1〜2週間という短期間。したがって中古マンションのリノベーションは、これら三つを統括して進められる「ワンストップ型」の業者を選ぶことがポイントです。


「SCOMO(スコモ)」では物件探しに始まり、住宅ローン計画、購入、設計、施工までトータルでサポートをしております。資格をもつファイナンシャル・プランナーが住宅ローンについてもていねいにプランニングいたしますので、お金の面でも安心。

さまざまなスタイルの物件のリノベーション実績がございますので、デザインや設備にもこだわりながら、イメージを形にしていきます。

中古マンションのリノベーションはスタートが肝心。わからないことや不安なことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


●おすすめ施工事例

<まさにPlay ground‐自分らしくいれる空間‐>

玄関からリビングキッチンまでモルタル仕上げで、自転車で帰宅してそのまま靴を脱ぐことなくすごせるアメリカンスタイルの一室となりました。

詳しくはこちら→https://scomo.jp/showcase/apartment/18


SUVACOでも事例を配信中、ロゴをクリックお願いします!


ブログランキング参加しています!

ロゴをポチッとお願いします!